ツマグロヒョウモン

Argyreus hyperbius

Argyreus hyperbius

地元、宮城県に帰ってきて、3度目の5月です。そのいずれの5月にも、ツマグロヒョウモンを観察している。
その数も年々増えているようで、今日はメスは見なかったが、オスは個体数が二桁にかるく達するであろう回数目撃した。
そして、今年も秋にむかっってどんどん数を増していくだろう。
正直、県内で目撃するたびにうんざりする。

5月にこれほど頻繁に目撃するからには、宮城県での越冬、定着は確実ではないかと思う。
分布を東へ東へと広げ北関東までまでは定着と聞いていたが、そこからの北上はペースが落ちるのかと思っていたが、そうでもないようだ。

自分の観察した場所はいずれも都市部からは離れていて、ヒートアインランド現象に依存してるわけでもなさそうだ。また、近くに人家などのない環境でも目撃しており、園芸種のスミレ類だけでなく、野生種のスミレでも越冬してるのかもしれない。在来のヒョウモン類との競合していくのだろうか?

ペンタックス K-3 + D FA macro 100/2.8 WR
2017/05/29
四方山/亘理町・山本町・角田市

コメント

タイトルとURLをコピーしました