急旋回するクロスジギンヤンマ

Anax nigrofasciatus

望遠レンズで、ノーファインダー連写して偶然とれた一枚。
ちょうど急旋回の瞬間で、体を大きく(70度くらい)傾けている。おかげで、背中を見ることが出来ている。
ピンボケなので載せませんが、この一枚前では普通に水平飛行状態で写っていますので、1/7秒以下の時間で70度ものロールを行ったことになります。ものすごいロールレートです。
1/1000秒のシャッタースピードですので普通なら翅はほぼ止まるはずですが、激しくしなりながら大きくぶれて写っており、一瞬での姿勢制御のため極めて高速に翅を動かしているのがいるのがわかります。
激しいロール運動にもかかわらず、頭はスタビライズされているようで、水平を保っているのがまたすごい。

ペンタックス K-5 + DA★300/4
11/06/07
光都/たつの市

コメント

タイトルとURLをコピーしました