八甲田の蝶

承前。
八甲田を目指したのは、この時期ならキベリタテハやエルタテハが見られるのでは、という考えから。
しかし、弘前に長年住んでいたわりに、八甲田は青森に行く途中に寄り道するところというイメージが強く、八甲田で虫を探したことはほとんどなく、ポイントも知らない。
とりあえず、酸ヶ湯温泉に車を止め、付近を捜索し始める。

幸いなことに、程なく数頭のキベリタテハに出会うことが出来た。しかし、なかなか止まってくれる個体に巡り会えず、腕のせいもあって証拠写真程度を数枚しか撮れなかった。

キベリタテハ
ペンタックス K10D + DA★300/4

IMGP0884
ペンタックス K10D + DA★300/4

キベリタテハ
ペンタックス K20D + タムロン 90ミリマクロ

しかも、よくよく見れば、触覚が一本掛けて、羽の縁も痛んだ同一個体の写真しか撮れてなかった。

エルタテハの方は、結局見ることさえ出来なかった。

他、クジャクチョウは多数見られた。
クジャクチョウ
ペンタックス K10D + DA★300/4

ヒョウモン類も多かったが、すれた個体が多くまともに見てこなかった。ちゃんと写真を撮れたのは、ウラギンヒョウモンぐらい。
ヒメキマダラヒカゲ
ペンタックス K20D + タムロン 90ミリマクロ

こちらは、ヒメキマダラヒカゲ。
ウラギンヒョウモン
ペンタックス K20D + タムロン 90ミリマクロ

写真はイマイチでしたが、いずれも関西の平地では、なかなかお目にかかれない蝶なので、とりあえず満足しました。

コメント

  1. えりざべす より:

    SECRET: 0
    PASS: fcdb31a826767829b0e540f984ee0a5d
    コメントの書きすぎのようで申し訳ありませんが,トンボネタだったので,また書いてしまいました.

    これはおそらくルリボシヤンマのほうだと思います.オオルリボシヤンマは,胸の模様が少し違うことと,腹部の紋がもう少し大きく,もっと青みを帯びるかなぁ,と思います.あと,オオルリボシヤンマは深い池を好み,あまりホバリングをせず広範囲に縄張りを張りますが,ルリボシのほうは,浅い池や湿地のような場所を好み,ホバリングを多く行いながら比較的狭い範囲を縄張りにする傾向があります.そういう点からも多分ルリボシのほうかと思いました.ちなみに両者はかなり明確に住み分けていて,同じ池に二種類が混在するというのは滅多にありません.

    長々と書いてすみません.
    トンボ馬鹿の小言ということで,適当に読み流しください...

  2. むしみず より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >えりざべすさま

    ご指摘大歓迎です。
    詳しい解説ありがとうございます。
    訂正しておきます。

    やっぱり、付け焼刃の同定はだめですね。胸斑紋でちょっとおかしいがオオルリボシだと思ったのですが、よくよく見直すと翅の付け根
    の凹凸に光が当たって明るくなった部分を斑紋だと勘違いしたようです。

    はずかしながら、トンボの識別ができず、アカネ類、イトトンボ類、サナエ類いずれも、撮ってもよくわからない or わからないから撮らないといったパターンが多いです。

    今後も、ご指摘いただければ幸いです。

  3. Matsz より:

    SECRET: 0
    PASS: 5ddf52f902e8089aab08798e46061e3e
    はじめまして。私は、埼玉でトンボ撮影をしているものです。
    実はむしみずさんと同じくK20Dを使っています。
    最近DA300が欲しくなり作例を探していたらこちらのページに
    辿り着きました。ルリボシヤンマお見事です。ますますDA300が
    欲しいですね(笑)トンボに限らず色々写されているようですね。
    また時々立ち寄らせて頂きます。

  4. むしみず より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >Matszさま
    コメントありがとうございます。
    写真もトンボも初心者ですが、DA★300はテレマクロ的に使ってもいいレンズだと思います。
    ホームページの方、拝見させていただきました。
    すばらしい写真の数々、楽しませていただきました。

タイトルとURLをコピーしました