ヒオドシチョウ

ヒオドシチョウ

森の中の開けた場所でヒオドシチョウに見つけ撮影しようとしたところ、もう一匹ヒオドシチョウが現れました。
最初のヒオドシチョウは直ちに飛び上がり、もう一匹を向って飛んでいきました。
それを見て、よくある縄張り争いかと眺めていましたが、どうも様子が違うことに気付きました。
確かに追っかけまわしているのですが、縄張り争い激しさはなく、ゆっくり。
よくよく見ると、一匹はのんびり滑空しているのに対し、もう一匹は羽ばたきながらついていっている感じ。
(ゆっくりといってもこの程度しか撮れない私の腕の無さにがっくりですが・・・)

Nymphalis xanthomelas

やがて、寄り添うようにとまると、交尾を始めました。

Nymphalis xanthomelas

Nymphalis xanthomelas

昨年の初回に羽化して以来ほとんど眠り続け、その間に翅はボロボロになり触覚まで欠けてしまったようですが、彼らにとって今がまさにわが世の春のようです。

一、二枚目 ペンタックス K-7 + DA★300/4 (一枚目は大トリミング)
三枚目 リコー GXR+S10(24-72)
2010/03/20
倉吉市/鳥取県

コメント

タイトルとURLをコピーしました