デジスコに挑戦

鳥が豆粒みたいにしか写らないのが悔しいので、デジスコをはじめて見ることにした。とはいえ、三脚を担いで歩く根性はないし、予算もないのでこんなものをでっち上げてみた。

IMGP3725_edited-1

スコープは、小型軽量、安価で定評があるらしいビクセンのジオマII ED52-Sに14倍のアイピース。カメラは、手持ちのキヤノン Powershot A570is。ビクセン純正のアダプターとコンバージョンレンズアダプターで結合している。35~140ミリのズームなので、合成焦点距離は2,000ミリ弱。
スコープについていた ハンドホールディングケースを付けているので、左手のみでスコープの保持とピント操作ができる。ブレ防止に一脚が付いているが、地面を付くのではなく、右肩に押し当てて使用。石突が若干とがってて痛いので、百均で、椅子の足に付けるゴムクッションを買ってかぶせてる。
最初は、右手で直接シャッターを押してたが、まったく安定しないのでケーブルレリーズを導入。レリーズはベルクロで一脚取り付け部付近に固定し、右手で一脚の雲台部分を握って人差し指でシャッターを切るようにした。全体としてライフル銃を構える感じで、何とかテレ端でも被写体を捉えられるようになった。

実写結果は次に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました